いろは健診(健康診断)について

 

健康診断は、3段階からなる予防医療の第二段階(二次予防)にあたります。

当院では、積極的な予防医療を推進する上で、定期的な健康診断を推奨しています。

 

毎年、動物のお誕生日に『いろは健診』をプレゼントしましょう!

 

健康診断って必要?

「ついこの前まで元気そうだったのに」

「こんな急に悪くなるなんて」

病気が見つかって飼い主様が驚かれることがよくあります。

実は、犬や猫は本能的にぎりぎりまで悪いところを隠そうとします。

これは、野生環境では弱みを見せると外敵に狙われるためだと思われます。

ですので気づいた時には病気がかなり進行していることも少なくありません。


また、犬や猫は人間の4倍のスピードで歳をとりますので、

「1か月前」は「4か月前」に、「1年前」は「4年前」となります。

 

つまり、病気の進行も人間の感覚より4倍速いということになります。

1年前の検査で異常がなかったからといって、「4年」も経った現在が大丈夫とはいえません。

 

近年は、動物医療の発展によりペットの寿命が延びた反面、ガンや生活習慣病といった病気で苦しむ動物も増えています。

病気を早期発見できれば早期治療により回復の見込みも増えますし、生活習慣の見直しや食餌管理によって病気の進行を食い止めることにつながります。

「元気そう」、「うちの子に限って」という思い込みは捨て、私たち人間が「せめて1年に1回は健康診断を受けておかないと心配」と毎年、健康診断を受けるように、動物にも同じように「1年に1回」と考えてあげてください(それでも実は4年に1回ですが)。


健康診断の意義

健康診断の意義は、『病気の早期発見・早期治療』だけではありません。

もう1つの重要な意義があります。

それは『健康な時のベースラインの把握』です。

 

ベースラインとは、個体ごとの健康な時の検査上の特徴を指します。

私たち人間もそうですが、動物も一頭一頭、検査数値にばらつきがあります。

 

「この子は普段からコレステロールが高めだ」とか、「この子は肝臓の数値が小さい頃から高めだ」と分かっていれば、普段の生活に気をつけることができるだけでなく、いざ病気で検査をした時に、病気に関連した異常値なのか、そうではなく普段からの数値なのかが容易に区別できます。同時に、急に悪くなったのか(急性経過)、それとも時間をかけてゆっくりと悪くなったのか(慢性経過)が区別できます。

ベースラインを知らないと、異常値を示した数値を全ていちから精査していくことになり、正確な診断へたどり着くのが遅れたり、困難になったりすることもあります。

平常時の検査データを把握・蓄積しておくことは、将来へ向けた貯金となります。

いろは健診

当院では、年齢や状態に応じた健診コースを選択できます。

病院名にちなみ、【い】【ろ】【は】の3つのコースがあります。

 

【い】コース・・・まだまだ元気いっぱいの成年期に


【ろ】コース・・・そろそろ体の事が気になる中年期に

 

【は】コース・・・年齢問わず、とにかくしっかり検査したい子や、高齢・老齢期に

 

 

検査項目

【い】コース

1.身体検査    (聴診、触診、視診、歯科、耳、肥満度)

2.血液生化学検査 (貧血、糖尿病、肝臓、腎臓、コレステロール、血清蛋白濃度など)

3.糞便検査    (消化管寄生虫)

4.尿検査      (潜血、pH、尿糖、タンパク、白血球、ケトン、結晶、尿比重)


【ろ】コース

1.身体検査    (聴診、触診、視診、歯科、耳、肥満度)

2.血液生化学検査 (貧血、糖尿病、肝臓、腎臓、コレステロール、血清蛋白濃度など)

3.糞便検査    (消化管寄生虫)

4.尿検査      (潜血、pH、尿糖、タンパク、白血球、ケトン、結晶、尿比重) 

5.レントゲン検査 (胸部)

 

【は】コース

1.身体検査    (聴診、触診、視診、歯科、耳、肥満度)

2.血液生化学検査 (貧血、糖尿病、肝臓、腎臓、コレステロール、血清蛋白濃度など)

3.糞便検査    (消化管寄生虫)

4.尿検査      (潜血、pH、尿糖、タンパク、白血球、ケトン、結晶、尿比重) 

5.レントゲン検査 (胸部)

6.レントゲン検査 (腹部)

7.血液検査    (全血球算定:赤血球数、白血球数、血小板数など)

8.エコー検査     (腹部)


【追加オプション】(各コース共通)


     ・フィラリア検査

     ・猫エイズ・白血病ウイルス検査(猫)

     ・甲状腺ホルモン検査

     ・その他、必要・ご希望に応じて

いろは健診の受診手順

1.受診コースの選択(決めかねる場合はご相談ください)

 

2.電話・受付にて予約

 

3.受診

 

4.検査結果説明


  

   Tel: 0774-46-9099

   いろは動物病院

   〒619-0218
   京都府木津川市城山台7-41-1

  (JR木津駅東側・木津城址公園向かい)

 <<重要なお知らせ!>>

  診療体制の変更があります

  →詳しくはこちら

【求人のご案内】

ただいま、スタッフを募集しています!

  →詳しくはこちら

Tel: 0774-46-9099

日曜日の午前は完全予約診療

前日までに要予約)

(予約診療のみ)

〒619-0218
京都府木津川市

城山台7-41-1

(JR木津駅東側)

(木津城址公園の向かい)

木津城址公園バス停すぐ)