デンタルケアの重要性について

実は、犬はほとんど虫歯になりません。

ですが、歯垢・歯石が付着することで、歯周病が発生します。

つまり、歯自体は問題なくても、それを支える歯茎がやられてしまい、歯がぐらぐらになったり、歯槽膿漏を引き起こしたりするのです。

3歳以上の犬猫の8割以上が歯周病にかかっているとも言われます。

歯周病は時間とともに進行・悪化していきますので、早めのケアが必要です。


歯周病の怖いところは、局所の影響だけではなく、全身にも悪影響を及ぼすことです。

実は、歯垢は菌の塊です。

歯周病を起こした歯茎から血液中に菌が入り込み、心臓(心内膜炎)、関節(関節炎)そして腎臓(糸球体腎炎)など全身に悪影響を及ぼします。

最近、人医療でも口腔ケアの重要性が注目されています。

入院患者に対して、積極的な口腔ケアを行ったところ、行わないグループに比べて明らかに入院期間が短縮されたという報告もあります。 


「口が臭い~!」だけでは済まない歯周病。

正しい知識と積極的なデンタルケアで健やかな毎日を過ごしましょう!

歯科検診について

いろは動物病院では、予防医療(特に一次予防および二次予防)の観点から、定期的な歯科検診と積極的なデンタルケアを推奨しております。

特に、下の項目に一つでも当てはまる方は、早めの受診をおすすめいたします。

 

1)仔犬を飼い始めた

2)歯みがきの仕方が分からない、できない

3)口臭が気になる

4)歯茎が赤い、固いものが噛みにくい

5)頬が腫れている、鼻汁を伴うくしゃみが続いている

 <<重要なお知らせ!>>

  診療体制の変更があります

  →詳しくはこちら

【求人のご案内】

ただいま、スタッフを募集しています!

  →詳しくはこちら

Tel: 0774-46-9099

日曜日の午前は完全予約診療

前日までに要予約)

(予約診療のみ)

〒619-0218
京都府木津川市

城山台7-41-1

(JR木津駅東側)

(木津城址公園の向かい)

木津城址公園バス停すぐ)