当院における新型コロナウイルスへの対応

 

大阪、兵庫など近隣で発令された緊急事態宣言を受け、京都府においても緊急事態宣言に準じた対応をとることが4月8日に発表されました。

(追記)4月16日に京都府を含め日本全国が緊急事態宣言の対象となることが発表され、中でも京都府は特定警戒都道府県に指定されました。

(追記)宣言は解除されましたがその後も依然として予断を許さない状況が続いております。

 

 

当院においては、飛沫感染対策(①密閉、②密集、③密接)および接触感染対策(手指・環境の消毒の徹底)を図り、院内での感染を防ぎ、万が一の場合にもお互いに感染させたり濃厚接触者とならないよう対応していきます。

 

【3密対策だけでは感染は防げません】

よく耳にする3密という言葉ですが、これは3つ揃ったら感染するという意味ではありません。

3つ揃うと集団感染が起きますよ、というだけで、個人個人の感染は1つでも起きます。

ですので密接(他人と2m以内に近づく)、密閉(閉鎖空間)、密集(多くの人が集まる)は1つでも避ける必要があります。

また、3密は飛沫感染対策だけですので、もう一つの感染経路である接触感染は防げません。

他人が触れたモノ・場所に触った手で自分の口や鼻を触らないで下さい。

待合室には消毒液を設置しておりますので、入室・退室時にご使用下さい。

 

【すでに感染しているかも知れません】

症状がないから自分は大丈夫、というのは危険な思い込みです。

無症状感染者も他者への感染源となります。

とえ症状がなくても自分は知らないうちにウイルスに感染しているかもしれないと思って振る舞う必要があります。

マスクをつけること、他人との距離は2m開けること、咳エチケットを徹底すること。

自分を守るだけでなく、他人も守りましょう。

 

【ウイルスと闘う】

自分が感染しないこと、たとえ感染したとしても他人へうつさないこと。

ウイルスは生体内でしか生きられません。

感染しない、させないが徹底できればウイルスは行き場がなくなります。

このウイルスとの闘いは有効なワクチンまたは確実な治療法が開発されるまで続くと思われます。

感染拡大速度をできるだけ緩やかにすることで適切な医療体制の維持を図りつつ研究・開発の進展を待つだけの時間を稼ぐことで生命を救える可能性を少しでも高めることができます。

正しく恐れ、諦めずにできることをしっかりとやっていきましょう。

 

 

その1.密集を避けるため

 

順番予約システムの利用

自分の順番が近づいてから来院して下さい。

 

車で待機

来院したら受付に声をかけ、自分の順番まで車で待機して下さい。

車ではない方は入口わきのベンチなど病院の近くでお待ち下さい。

自分の順番が来たら待合室へお入り下さい。

 

人数制限

病院内(待合室も含め)へ入るのは、特に症状のない(健康な)飼い主様1名のみとさせていただきます。

入る方は、必ずマスクを着用して下さい。

同伴の方は車か病院の近くでお待ち下さい。

 

その2.密閉を避けるため

 

換気のため、待合室、診察室の窓を開放しております。

空調の効きが悪いかも知れませんがご了承願います。

 

その3.密接を避けるため

 

ソーシャルディスタンスを確保

スタッフ、他の飼い主様とできるだけ距離をあけるようにして下さい(お互いの手が届かない距離)。

 

対面での会話を避ける

会話する際は、真正面に向き合わないように体の向きを調整して下さい。

また、大声で話すのは控え、できるだけ小さな声で話すようにして下さい。

 

その4.接触感染を避けるため

 

①マスクを着用(飼い主様、スタッフとも)

②手指消毒の徹底(入室時、退室時の2回消毒をお願いします)

③定期的な環境消毒

 

 

その他の留意事項>

 

1.マスクは必ず着用して下さい。

2.症状のある方は来院を控えて下さい →お困りの場合は事前にお電話でご相談下さい。

 

 <<重要なお知らせ!>>

新型コロナウイルスへの対応

  詳しくはこちら  

 

診療体制のご案内

  →詳しくはこちら

【求人のご案内】

ただいま、スタッフを募集しています!

  →詳しくはこちら

Tel: 0774-46-9099

日曜日の午前は完全予約診療

前日までに要予約)

(予約診療のみ)

〒619-0218
京都府木津川市

城山台7-41-1

(JR木津駅東側)

(木津城址公園の向かい)

木津城址公園バス停すぐ)